神戸学院大学 総合リハビリテーション学部
認知症研究講座 前田研究室

お問い合わせ
〒651-2180
神戸市西区伊川谷町有瀬518
神戸学院大学
総合リハビリテーション学部
TEL:078-974-1551(代)
FAX:078-974-5094
E-mail:

研究室紹介

認知症のひとにやさしいまちづくり研究プロジェクトとは

神戸学院大学総合リハビリテーション学部では、認知症に関連する研究を多領域で行っています。またさまざまな大学や研究機関の研究者と連携して共同研究を行っています。
2013年から神戸市と連携協定を結び、「認知症初期集中支援モデル事業」に参画しています。
神戸市と「神戸学院大学との認知症施策の充実に係る寄付講座の設置に関する協定の締結」により2017年4月より神戸学院大学総合リハビリテーション学部において寄付研究プロジェクト講座を開設することとなりました。講座名は「認知症のひとにやさしいまちづくり研究プロジェクト」です。
神戸を「認知症のひとにやさしいまち」を行動目標に、認知症の早期発見、早期対応、生活支援、地域連携システムの構築を目指して、神戸市、WHO神戸センター、先端医療センター研究所、関連医療産業などと連携して総合的、包括的な研究開発を行う研究プロジェクトです。

認知症のひとにやさしいまちづくり研究とは。

人口の高齢化に伴って認知症者が増加しています。
認知機能が低下し、日常生活、社会生活に困難をきたした場合、本人の意思を尊重し、本人の望む生活を維持継続する方策を考える必要があります。
認知症になっても、可能な限り本人の希望する、今までの生活を継続するためには、認知症者が尊重され、自信と尊厳を持って暮らすことのできる地域づくりをする必要があると考え、認知症になっても、医療・介護・福祉などによって、可能な限り、以前と変わらぬ生活を継続するために、どのように地域を変える必要があるかを調査研究しています。
神戸市をコホートに、自治体の協力のもと、自治体の施策に協働する形で調査研究を行い、神戸市全域において、認知機能が低下した人々が、何を希望し、何を必要としているかを調査し、その結果をもとに、神戸市が行う認知症にやさしいまちづくりに貢献したいと考えています。

Page Top