神戸学院大学 総合リハビリテーション学部
認知症研究講座 前田研究室

お問い合わせ
〒651-2180
神戸市西区伊川谷町有瀬518
神戸学院大学
総合リハビリテーション学部
TEL:078-974-1551(代)
FAX:078-974-5094
E-mail:

研究業績

前田潔

  1. 梶田博之,前田潔,認知症予防のメカニズムおよび認知症予防に向けた取り組みの現状と課題,仁明会精神医学研究(2017),14(1):63-70
  2. 前田潔,尾嵜遠見,認知症医療における専門医の役割―認知症はだれが診るのが適切か?―,精神科治療学(2017),32:215-219
  3. 中前智通,前田潔,認知症の人のための作業療法,仁明会精神医学研究(2016),13(1)76-81
  4. T. Morikawa, K. Maeda, T. Ozaki, H. Kajita, K. Yotsumoto, T. Kawamata, Admission of people with dementia to psychiatric hospitals in Japan: factors that can shorten their hospitalizations, Pshchogeriatrics(2017) DOI:10.0000/psyg.1224
  5. T. Osaki, T. Morikawa, H. Kajita, N. Kobayashi, K. Kondo, K. Maeda., Caregiver burden and fatigue in caregivers of people with dementia: Measuring human herpesvirus (HHV)-6 and −7 DNA levels in saliva, Archives of Gerontology and Geriatrics (2016), 66:42-48 doi:10.1016/j.archger.2016.04.015
  6. 前田潔, 梶田博之,特集「オレンジプラン,中間年の検証,地域連携」認知症初期集中支援チームの課題―神戸市における経験―,精神経誌(2016),118 (2): 84-90
  7. 加藤真司,仁木美砂子,前田潔,谷口洋,介護老人保健施設における認知症短期集中リハビリテーションの効果とその持続, 認知症の最新医療(2016),6(4):185-188
  8. 梶田博之,尾嵜遠見,前田潔,認知症初期集中支援推進事業の自治体による比較,老年精神医学雑誌(2016),27(11):1215-1221
  9. 尾嵜遠見,森川孝子,前田潔,精神科病院と認知症―課題とその解決―,老年精神医学雑誌(2016),27(12):1337-1342
  10. 前田潔,梶田博之,オレンジプラン、中間年の検証、地域連携、認知症初期集中支援チームの課題―神戸市における経験―,精神神経学雑誌(2016),118(2):84-90
  11. 梶田博之,前田潔,認知症初期集中支援チームにおける多職種協働―神戸市における活動から―,Dementia Japan(2016),30(1):73-78
  12. 前田潔,梶田博之,認知症初期集中支援チーム:神戸市における活動の現状と今後の課題-活動1年目と2年目の比較-, 年精神医学雑誌(2015),26(10)1131-1136
  13. 梶田博之,前田潔,久次米健市,真鍋ひろ子,朝熊香織,池畑清美,川敦子,尾嵜遠見,岩蕗かをり,池田敦子,神戸市における認知症初期集中支援チームの活動-平成25年9月~平成26年8月までの活動および今後の課題-,Dementia Japan(2015),29(4):596-604
  14. 尾嵜遠見,前田潔,全国の重度認知症患者デイケアの実態調査,Dementia Japan(2015),29(4):605-614
  15. 尾嵜遠見,前田潔,認知症者を介護する家族の負担・ストレスと身体活動,仁明会精神医学研究(2015),12(1):46-54
  16. 中前智通,前田潔,認知症患者の作業療法,日本精神科病院協会雑誌(2015),34(7):55-59

相原洋子

  1. 相原洋子,川副延生,生活習慣と医療費との関連:4年間のパネルデータの分析から,厚生の指標(2017),64:1-7
  2. Shrestha S, Aihara Y, Bhattrai A, 他8名,Dynamics of domestic water consumption in urban area of the Kathmandu Valley: situation analysis pre and post Gorkha Earthquake 2015,Water(2017), 9(3)222 w9030222
  3. Sasaki K, Aihara Y, Yamasaki K,The effect of accessibility on aged people's use of long-term care service,Transportation research Procedia (2017),25C 4385-4395
  4. Aihara Y, Kato H, Sugiyama T, et al, Public attitudes towards people living with dementia: A cross-sectional study in urban Japan (Innovative Practice) Journal of Dementia(2016), (In press).
  5. Aihara Y, Shrestha S, Sharama J.,Household water insecurity, depression and quality of life among postnatal women living in urban Nepal,Journal of Water and Health(2016),14:317-324
  6. Aihara Y, Shrestha S, Kazama F, 他1名,Validation of Household Water Insecurity Scale in Urban Nepal,Water Policy(2015),17:1019-1032
  7. 相原洋子,川副延生,世帯所得と介護保険利用率との関連,慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター ディスカッションペーパー(2015)

朴白順

  1. Shingaki H,Park P,Ueda K,Murai T,Tsukiura T,Disturbance of time orientation,attention and verbal memory in amnesic patients with confabulation,Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology(2016),130:261-272
  2. 朴白順,月浦崇,内側側頭葉の機能は:記憶である-過去を思い出すこと,未来を思考することの脳内機能‐,神経内科(2015),83(6): 474-479
Page Top